The Department store

日本で初めての本格的な郊外型ショッピングセンターとして開業した玉川高島屋S.C

The Department store
The Department store

百貨店の歴史と魅力、
百貨店がある街を
紹介するサイト。

各街の不動産会社も
ご紹介していきます。

玉川高島屋S.C

TAKASHIMAYA

〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-17-1

TEL:03-3709-2222

takashimayaグループニュースリリースより

玉川高島屋S.Cについて

玉川高島屋S.Cは、1969年に日本初の本格的郊外型ショッピングセンターとしてオープン。古くは、のどかな景勝地だった多摩川沿いの土地が宅地化され、さらに遊園地が開園するなどレジャー施設の街として発展していきました。そこへ、世田谷区をはじめ広い商圏内に居住している人々を対象に、良質で高感度な商業施設を作ったのが『東神開発株式会社(玉川高島屋S.Cの開発運営)』です。国道246号線沿いの本館と南館だけでなく路地裏開発を行い、2004年には京町家を思わせる「柳小路」を開業。緑化を高める周辺施設と共に、散策する楽しみにも溢れた街並みです。
玉川高島屋S.Cのある二子玉川駅には、2011年に東急が運営する『二子玉川ライズ』がオープン。それとともに、それまで駅周辺にはあまりなかったオフィスビルが誕生し、休日だけでなく、平日・昼夜問わず人通りが絶えない町に変貌しました。
また、敵対するかと思われた二つの複合施設でしたが、百貨店ならではの高級感のあるラインナップと、カジュアルラインやシネマコンプレックスなど住み分けがされたことにより、二子玉川全体のマーケティング拡大や街の魅力アップに繋がりました。
そして、2020年に開業50周年を記念した大規模リニューアルが完成。リユース材を使用するなどサステナブルかつリラックス感を表現した内装や、様々なクリエイターによる自然と都市文化が融合した空間が出迎えてくれます。


新着記事

二子玉川駅北側に位置し、本館と南館だけでなく、路地裏開発も含め魅力ある街並みを形成しています。

渋谷駅近辺の賑やかさとは違い、落ち着いた雰囲気が感じられるのが特徴です。スローガンは「上質な日々、ごいっしょに。」

西日本を中心に13店舗を展開しています。最初にオープンした心斎橋店は地元の商店街とともに地域活性化に取り組んでいます。

The Department store

Copyright (C) 2017 The Department store All Rights Reserved.