The Department store

東京で創業した百貨店

The Department store
The Department store

百貨店の歴史と魅力、
百貨店がある街を
紹介するサイト。

各街の不動産会社も
ご紹介していきます。

TOKYO

ここでは東京に本店がある百貨店から、三越、伊勢丹、西武百貨店の3店を紹介します。三越と伊勢丹は呉服発祥の百貨店で、両社は三越伊勢丹ホールディングスです。伊勢丹新宿は常に日本一の売り上げをキープ。西武池袋は東日本一の売り場面積を誇ります。
各街の不動産会社について、三越からは仙台市の永大ハウス工業、伊勢丹からはさいたま市浦和区にある西武開発、西武百貨店からは東京建物不動産販売を紹介します。

三越

三越

日本で一番初めに誕生した百貨店。エスカレーターやエレベーターを設置したのも三越が最初。日本橋本店は江戸時代から現在まで同一の場所で営業を続けています。

詳しくはこちら >>

西武百貨店

西武百貨店

もともとは鉄道系百貨店でしたが、現在はセブン&アイ・ホールディングス傘下の「株式会社そごう・西武」が運営する百貨店で、西武鉄道とは別企業になります。

詳しくはこちら >>

伊勢丹

伊勢丹

『東の伊勢丹、西の阪急』時としてこう呼ばれる伊勢丹は呉服発祥の百貨店。ウェブサイト「FASHION HEADLINE」では自社商品だけでなく、幅広くファッション情報を発信しています。

詳しくはこちら >>

小田急百貨店

小田急百貨店

小田急電鉄の駅の改札口が店舗の中に設けられ、気軽に立ち寄りやすいのが魅力です。新宿店は他の百貨店も集まる激戦区にありますが、他の百貨店との差別化で生き残りを図っています。

詳しくはこちら >>

新着記事

西日本を中心に13店舗を展開しています。最初にオープンした心斎橋店は地元の商店街とともに地域活性化に取り組んでいます。

福岡・天神に本店を構え、久留米市にも店舗があります。2010年に福岡三越と合併し、幅広い客層に対応しています。

あべのハルカスに本店を構え、近鉄沿線を中心に10店舗を展開しています。売場面積は日本の百貨店の中で最も広いです。

The Department store

Copyright (C) 2017 The Department store All Rights Reserved.